前へ
次へ

腰痛が起きる要因は筋肉や骨に内臓や椎間板も

どうして腰痛が起きて痛い思いをするのか、ささやかな疑問がわいてくることがあります。炎症や筋肉の状態がこわばることでも、腰の痛みを発症することは少なくはありません。筋肉関係でいえばよくあるのが、重い荷物を床から持ち上げた瞬間であり、急に体を無理にひねった際にも起こりうることです。そんな筋肉関連での腰の痛みでも、急性の場合はぎっくり腰になります。肝心要の腰は日頃から無意識のうちに負担をかけていますが、過剰な日々の負担が蓄積された結果、起こるのが椎間板の腰痛です。軟骨の椎間板は骨の間にあって、いわばクッション的な役割をしています。積み重なった腰の負担で、後ろに軟骨が出てしまい、神経圧迫を起こす椎間板ヘルニアは本当に痛みが強いです。椎間板ヘルニアは軽く見ることはできず、足先にしびれを感じたり、坐骨神経痛が出ることもあります。内装器官系の疾患で腰の痛みが生じることもあり、大動脈瘤や尿管結石などもそうです。ですが実は腰痛の原因は、何かわからないことも多く、日頃からの予防策が大切になります。

Page Top