前へ
次へ

腰痛対策で姿勢を正す

姿勢が悪い状態が続くと、背中が丸まってしまうなど背骨などにも影響がでてしまいますが、腰痛の原因にもなるため日々の生活で姿勢を正しく保つようにすることも大切です。椅子に長時間座っている場合などは、意識して姿勢を正していないと徐々に前のほうに重心がいってしまい背中が丸まったような状態で作業などをしている状態になりがちです。そのような状態が長時間続いてしまうと、腰に対しても負担がかかりやすいため腰痛の原因になります。また、座りっぱなしの時だけでなく立って作業をする際や歩く時の姿勢なども日々、きちんと意識して姿勢を正すようにしましょう。たまに鏡の前で立つ、座るなどの動作をして背中が丸まっていないか、正しい姿勢を保てているかチェックしてみることも大切です。長時間、同じ姿勢を保つことが多いという場合には、ストレッチなどをして筋肉が凝り固まらないように対策をすることも腰痛対策につながります。腰痛が悪化しないようにするためにも、自分なりに対策を日々、心がけていきましょう。

Page Top